育毛の恵は女性にとって救世主|美しい髪を取り戻すべし

髪の発毛を促進する

育毛サイクル

薄毛の問題を改善する治療薬といえば、育毛剤と発毛剤が挙げられるでしょう。多くの女性は、どちらも髪を生やす薬だと考えるでしょうが、厳密にはこの二つの効果は大きく異なるものです。育毛剤の効果とは、抜け毛を防ぎ自然に発毛を促すものです。そのため、育毛剤には頭皮環境を整える成分が主に使用されています。頭皮の乾燥を防ぐ保湿成分や、抗炎症作用が配合された成分が含まれているので、頻繁なパーマや髪を染めることで薄毛になる人であれば高い効果が得られるでしょう。対して発毛剤は、育毛剤とは異なりより直接的に髪の発毛を促す作用があります。髪を生やすために必要な栄養素を多く含んでいるので、使用することで薄くなった部位の髪の本数を増やすことができるでしょう。また、髪を太く成長させる因子も含まれているため、毎日のように使用することで、髪が薄くなった部位を徐々に目立たなくさせることができます。女性の薄毛問題は、ホルモンバランスの影響も考えられます。男性ホルモン優位によるAGAの問題や、ホルモンバランスの乱れによる栄養不足によって髪が痩せてしまうことが考えられるのです。発毛剤は、ホルモンの影響や髪の栄養不足による薄毛の問題に対して高い効果をもたらします。頭皮の炎症には育毛剤、それ以外の問題なら発毛剤といったように、個人の症状に合わせて使い分けましょう。

40代や50代に差し掛かると、多くの女性は髪のボリューム不足に悩むようになります。加齢によって髪は徐々に細くなり、また毛穴から生える本数も少なくなるので、段々と頭髪のシルエットが平たい状態になってしまいます。発毛剤を使用することで、20代の頃のような髪のボリュームを取り戻すことができるでしょう。髪の分け目に露出する地肌に悩まされることなく、自由にヘアスタイルを変えられるようになるのです。鏡の前で何時間もヘアスタイルについて悩む女性であれば、一度発毛剤を使ってみるとよいでしょう。